{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

池田彩乃|この世の本屋で待ち合わせ

1,000円

送料についてはこちら

詩人の池田彩乃さんによるエッセイ集。 服屋でも花屋でも珈琲屋でもなく、ここならばいい出会いがあるだろうと働いていた本屋での日々を綴った23篇を収録しています。 「ここには愛が書かれています。あなたはそれを選んでいる。あなたがこれから開く本の良さを、私は知っている。」(本書より) 愛に満ちた書店員生活がここに。 B6サイズ / 28p / 無線綴じ <目次> この世の待ち合わせ場所として、本屋 すべては前日譚である ひとりの時間を手渡す あなたが開く本の良さを知っている 発光するお客さま ある午後のレジの内側 本屋ロボット 触ってしまった 最初の場所 泣いているちいさなお客さま 職域接種一回目 本屋でする遊び 星のようなお客さま ただ好きでいて あなたの本

セール中のアイテム